張り出しブラケット
 
外形図・種類・仕様
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   

今までの張り出しブラケットの場合、線形に合せるための現場加工が避けられず、作業時間のロスをはじめ、穴あけ後のサビや線形の不揃いなどが起こりがちで、大きな問題となっていました。 この解決に威力を発揮するのが、新開発の「独創的連続孔方式」によるブラケット。 トータルなコストダウンを考えた、次世代の張り出しブラケットです。

従来の単孔タイプを連続孔に改良。独創的な着眼により、ブラケットの自重による垂れを防止し、ガードレールの取り付けを容易にします。作業の軽減とスピードアップに大きな威力を発揮します。