アイアンブロック

【景観性】
 カラーリング によって視認性を高めると共に景観性にも配慮し、工事現場のイメージのソフト化にも役立っています。

【強 度】写真1
  補強材の溝形鋼を角型鋼管に変更し、断面二次モーメントを約30%アップ。また、補強材のスケールアップ、連結方法の改良などで強度をさらに高めました。

【設置スペース】
  設置幅はアイアンブロック-250が450mm、アイアンブロック-1000が400mmで狭小な場所でも設置可能です。

【視線誘導】
  夜間走行車両からの視認性を高めるため、さまざまな配慮をしています。
●夜間点滅灯(サンピカW)写真2
  当社のガードレールには20mごとに太陽電池を利用した夜間点滅灯を取り付けています。(ガードレールレンタル時)
●高輝度反射テープ(ダイヤモンドグレードシート)写真3
  アイアンブロック上部のコーナーに高輝度反射テープを張っています。

【路面の保護】
  底面にゴムマットを取り付け、路面とアイアンブロックとの摩擦係数も高めつつ舗装面を保護します。

【防 錆】写真4
  ブロック本体はショットブラストにより表面処理した後に、特殊エポキシ塗料を塗布し、仕上げ塗装を施します。非常に錆びにくく作業環境維持に貢献します。

【完全リサイクル】
  ブロックはショットブラスト処理と再塗装により何度でも再利用ができます。また組成は鉄100%なのでリサイクル費用、処分費用がかかりません。

【保管スペース】写真5
  アイアンブロックは凹凸が少なくコンパクトですから、積み重ねて省スペース保管ができます。  

     
   
多彩なニーズとメリット    
さまざまなサービス体制    
施工実績    
設置状況写真